検索

『みんなのしあわせになるプロ野球』発売!

4月27日に新刊『みんなのしあわせになるプロ野球 ファンとっておきの泣ける・笑えるエピソード集』が講談社より発売となりました。カネシゲタカシは編者とイラストを担当しました。 今回もたくさんの方にご協力いただき作り上げた一冊となりました。厚く御礼申し上げます。この本がどういった本なのか、どのような思いで作り上げた本なのか。本書の「まえがき」を以下に引用して述べたいと思います。 ※ ※ ※ 本書『みんなのしあわせになるプロ野球』は、2016年に第5弾が発売された『みんなの あるあるプロ野球』シリーズ、そして2017年発売の『みんなのプロ野球川柳』の流れを汲む、投稿をもとに“みんな”でつくりあげたエピソード集です。  世の中に、“プロ野球選手が主役”のエピソードは星の数ほどあります。どの選手にもプロ入りするまでの熱いドラマがあり、プロ入り後も日々の試合や練習のなかで、毎日のように泣ける・笑えるエピソードが生まれます。そしてそれらは、スポーツ新聞などで頻繁に目にすることができます。  しかし“ファンが主役”のエピソードは、どうでしょうか。  1本のヒットを観たことで、命を救われたファンの話。ひとりの野球選手を引退まで追いかけ続けたファンの話、などなど。もちろん「泣ける話」があれば「笑える話」もあります。こちらは「すべらない話」と言ってもいいでしょう。うっかりプロ野球選手を草野球に誘ってしまったファンの話、球場に連れていった子どものせいで大恥をかいてしまったファンの話、などなど――。 このような、プロ野球ファンなら誰もが一つや二つ持っている「泣ける・笑えるエピ

© 2015 by KANESHIGE TAKASHI

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now